原因を突き止めてから治療|うつ病を撃退して清々しい心をGET

女の人

明るい考えを促進させる

相談

神経伝達物質の異常

うつ病患者の増加が社会問題となっていますが、そもそも発症してしまう原因はストレスにあるとされています。ストレスを受け続けることで体や心に何らかの不快な症状が出てしまい、常に否定的な考えを持つようになるのです。ではなぜ不快な症状が出てしまうのかは、それは脳にある神経伝達物質のアンバランスにあります。強いストレスによりこの神経伝達物質が反応してしまい、それまで正常に分泌されていたセロトニンの量が減少してしまいます。これにより、典型的なうつ病の症状が出るようになってしまうので、根本的な治療はこれを正常に戻していかなければいけません。セロトニンを代表とする脳の神経伝達物質は、人のさまざまな感情をコントロールする働きを担っています。この働きが正常に行われることで、健康的な生活を送ることができます。しかし、ストレスなどが原因でその働きが乱れてしまうと、考え方がマイナスになってしまうため、そう簡単に治ることは難しいのです。このような原因からうつ病を治療する病院では、投薬によって神経伝達物質を正常に戻していくことが行われます。また、心理療法も同時に行うところが多く、これで改善の効果を期待していくことができます。うつ病は心が弱い人がなる病気と見られていた時期もありましたが、それは何の根拠もない言われです。ただし、うつ病になりやすい性格や環境があることは確かで、ストレスの原因とも大きく関わることになってしまいます。病院での治療は、そういった性格や環境をできるだけ変えていく取り組みもされているので、根本原因を一緒に探ってくれます。投薬による治療と同時にそこを改善していくことも、再発防止に役立ってくれるのです。

投薬と心理療法

神経伝達物質を正常にコントロールしていく治療は、抗うつ剤が主に使われます。この服用を続けることで効果が期待できるので、しばらく様子を見ていくことになります。人によって効果のあらわれ方も違うので、早くあらわれる人もいれば遅い人もいるので焦ってはいけません。また、症状がなかなか改善されなかったり副作用がある場合は、別の薬に替えてくれるので安心できます。効果が次第にあらわれるようになってしばらくいい状態が続けば、薬を徐々に減らしていくようになります。最終的には薬に頼らないことが目的なので、様子を見ながら慎重に薬の量を調整していくのです。こういった調整は、自己判断ではなく医師が行います。症状の判断から指示されるので、その通り行っていくことで無理なくいい状態のままで薬を減らしていけます。途中で症状に問題があれば的確に対応してくれるので、1人で悩むこともありません。また、心理療法ではカウンセラーとの会話から、原因となったことを見つめなおし、自信が取り戻せるように働きかけてくれます。患者を否定せずありのままを受け入れてくれるので、それが自信を持つきっかけにもなれるのです。うつ病の改善は自分を認めることにあるので、心理療法は否定的な考えを払拭していく効果があります。このような治療法で、症状も徐々に目立たなくなっていくようになります。脳の異常を正常に戻し、自信のある心を取り戻す取り組みは、専門的な病院でしかできません。上手に付き合っていけるように通いやすい範囲内で、信頼できる病院を見つけていくことも治療の今後に大きく影響してくるでしょう。